Cannery

~キャナリー~ 「いつもの」を思いのままに綴るブログです

「ふくろう」って、なつくの?

 

夜、木にとまってホーホーと鳴くというのが長年のふくろうのイメージでした。それ以上でもそれ以下でもなく、本当にそれだけのイメージだったのですが、最近は人気絶頂、すごくかわいい! そんなイメージにすっかり変わりました。

まだ行ったことがないのですが「ふくろうカフェ」気になります。

これはペラペラとめくっただけでかわいいフクロウたちにデレデレになる本。

 

 

 

まずは可愛いフクロウやミミズクたちの画像をどうぞ 

f:id:ebuffalo:20170824215156j:plain

可愛い❤ ずんぐりむっくり?

 

f:id:ebuffalo:20170824215222j:plain

いい顔🎵 びっくりしてるのかな?

 

f:id:ebuffalo:20170824215426j:plain

そんな顔で見上げられると弱いです・・

 

f:id:ebuffalo:20170824215403j:plain

なんだか楽しそう 

 

f:id:ebuffalo:20170824215521j:plain

あ、怪しい覆面組・・ 

 

f:id:ebuffalo:20170824215656j:plain

でも目を開けると・・❤

 

f:id:ebuffalo:20170824215726j:plain

にひひひ・・

 

f:id:ebuffalo:20170824215809j:plain

もこもこふくろう❤ ヘルメットかぶってるみたい・・

  楽天ブックスで探す
Amzonで探す 
  楽天ブックスで探す
Amaznで探す 
  楽天ブックスで探す
Amazoでさがす
  楽天ブックスで探す
Amazonで探す

少し考えてみませんか? 

さて、そんな可愛いフクロウたちではありますが、猫のように人間になつくのかな?ペットとして飼えるのかな?という疑問を持ちました。

そこで、いろいろと調べてみたのです。

 

結論、ペットとして飼うのはかなりの覚悟が必要だと言えます。そして、人間になつくことは期待できそうもありませんでした。

それについては、実際の経験に基づき書かれているブログがありますので、是非読んでみてください。フクロウ飼育歴10年だそうです。とても面白いです。フクロウ愛にあふれています❤

 

ブログ内にある、こちらの記事に実際に飼うということがどういうことなのかを痛感する内容がわかりやすくまとめられています。

http://tawnyowl.seesaa.net/article/63237867.html

 

tawnyowl.seesaa.net

 

可愛いからといって何も知らないまま飼い、手に負えなくなったり、餓死させてしまったり、そんなことにならないよう自分自身に問いかけてみなくてはなりませんね。私はこのブログを読んで、もともと飼える環境ではないのですが、環境が整っていたとしても自分には無理だなとはっきり感じることができました。インコのような「鳥」を飼うのとは全然わけが違うんですね。

 

それならやっぱり「ふくろうウカフェ」に癒されに行けばいいんじゃない?と思ったのですが、つい先日こんな記事を見つけました。  

「人に触られたり、近くに来られたりすることもそうだが、身動きのとれない状態で騒音の中に長時間置かれることが大きなストレス」。そう語るのは、認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事の岡田千尋(おかだ・ちひろ)さん(39)。 「フクロウは家畜化された歴史が浅く、人間と暮らすことに慣れていない。ストレスを溜めながらも敵である私たち人間に弱みをみせまいと気を張って身構え、あるとき突然、何の前触れもなくバタッと倒れて死んでしまうというケースが相次いでいる。フクロウにとっては過酷で残酷なのに、人間はただ触って満足しているような状態。果たしてこれで良いのだろうか」。「ふくろうカフェ」人気について、そう指摘します。

     引用元:ふくろうカフェもフォアグラも、人気の裏に残酷な現実 | オルタナS

笑顔に見える表情や首をくるりと回してまんまるの目で見られると、ほっこりした気持ちになって癒されますよね。でも、癒されていたのは人間だけで、フクロウたちにとってはストレスだったんですね。心に突き刺さりました。きっと、ふくろうカフェに行くのは動物好きの人が多いのではないかと思います。実際に私は動物好きなので行ってみたいと思いますし、動物が苦手な夫は知り合いに誘われても断ってましたから。そう思うと好きで可愛がりたいと思っている人たちが、逆にフクロウたちに辛い思いをさせてしまっているのだな、と。悲しい気持ちになりました。

 

ふくろうカフェは、外国人に人気の日本の観光スポットでもあるようです。可愛いフクロウたちと写した写真が世界中に広まり、今後も悲劇のフクロウたちが増えていくのでしょうか。そう考えると動物園は?というようなことになってしまい、自分の中で考えがまとまりません。人間と動物・・いろいろ複雑な気分です。

フクロウにはここで 

「ふくろうカフェ」本当は行ってみたいし、一緒に遊んでみたい。

でも行かないことにします。

可愛い写真集が出ています。結論、ふくろうには本の中で会うことにしました。それでも十分癒されますよ。

 

  楽天ブックスで探す
Amzonで探す 
  楽天ブックスで探す
Amaznで探す 
  楽天ブックスで探す
Amazoでさがす
  楽天ブックスで探す
Amazonで探す